自動車を解体するだけが廃車の方法ではありません。

自動車解体のまえに無料査定をしよう。

「 自動車解体 」 というのは文字通り、
一台の自動車をバラバラに分解することです。

もしあなたが廃車寸前の中古車をお持ちだったり、
または事故車を廃棄処分したいと考えているならば、

自動車解体に依頼するまえに、
やっておいた方がいいことがあります。

それは 「 査定 」 です。

そんな声が聞こえてきそうですが、
「 どんなクルマであろうと値段がつく可能性は高い。 」 のです。

ですから自動車解体に持っていって、
廃車にしようとしていたのであれば、

一度、無料査定に出してみるべきでしょう。

廃車 = 自動車解体と決め付けていませんか?

もう10年以上も前の話になりますが、
わたしも自動車を廃車にした経験があります。

また、ただの中古車ではなく 「 事故車 」 だったものですから、業者に買取ってもらえるとは想像もしませんでした。
(※事故車といっても自走できるレベルです。)

廃車の手続きには陸運局に行ったり、
またいくつもの必要書類をそろえる必要がありますが、
それらの手続きは、素人の私にはすごく面倒なことに思えました。

そしていろいろ調べた結果たどりついたのが、
「 自動車解体業者に廃車のお願いをする 」 ことでした。

正確な金額は忘れてしまいましたが、
2万~3万円の手数料を支払ったのを記憶しています。

お金を払って解体屋にお願いしたのです。

当時のわたしが、
たとえボロい自動車であっても、それが事故車であったとしても

「 価値がある 」 ということを知っていたら、

逆にお金をもらって引き取ってもらうことができたでしょう。
ちょっと悔やまれる思い出です。

解体され、再び市場に流通する中古パーツ。

自動車解体ではどんなことが行われているかといえば、 大きな重機を使って、クルマを細かな部品に分解していくのです。

「 鉄 」 は溶かせばまた使えますから、
そのときに不純物が混ざらないように細かくバラしていきます。

また自動車によっては、そのまま使えたり、
ちょっと手直しすれば十分に使えるパーツがあります。

古いクルマの場合、もう製造が停止していたりしますから、
「 生産されていない中古パーツは貴重 」 だったりするのです。

そういう中古パーツは、
手作業によって丁寧に取り扱われます。

ですからあなたの中古車のパーツなり部品なりが、
市場に流通する可能性は十分に残されているのです。

値段がつかない中古自動車はない?

ある自動車解体業者の話では、
「 どんな車であっても、値がつかないことはない。 」
といいます。

価値があるクルマを手放すのに 「 手数料 」 を支払うのは、もったいない話ですよね。

でも世の中にはいると思うのです。

以前の私のように、
自動車を廃車にするには解体業者などにお願いするしか方法はなく、

またその際には 「 お金を支払う 」 のが当然だと考えている、そういう人が。
「 廃車は有料なもの 」 だと決め付けている人が。

もったいないです。

「 アナタの車にどの程度の値段がつくのか? 」

それを無料で査定してもらうことができます。

しかも業者に一件ずつ問い合わせるのではなく、
一度の査定依頼で、複数の業者に 「 一括 」 で問い合わせられる。

つまり見積価格を比較できるのです。
これって便利ですよね。

まさに自動車解体にお願いしようとしていた、
そんな廃車寸前のクルマをお持ちならば、一度無料査定に出してみるべきです。

買取ってもらえる、
もしくは無料で廃車にできる可能性は 「 大 」 です。

carview(カービュー)の無料一括査定で廃車費用をゼロ円に!

カービューで一括査定 【全国無料】入力3分で一括査定
あなたの愛車の最高買取価格がわかる。

日本最大級の中古車の買取・中古車査定ネットワークを活用して、最大8社の見積りを比較できます。
(※事故車も見積もり可能です。)

中古車・事故車を査定する>>